be-san no mado

アクセスカウンタ

zoom RSS 今日の出来事

<<   作成日時 : 2017/03/26 08:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

3月22日 朝 いつものように5時過ぎに起床、いつものように変わらない日常が始まる予定でした。しかし、いつもと違う異常を右目に感じました。右目に糸くずのようなゴミが入っているようで、首を振るたびに、瞼を閉じたりするたびにその目の中の糸くずのようなゴミがふわふわと動き回るのでした。気になって気になって仕方ありません。目を何度もこすりますが、一向にごみは取れません。相変わらず目の中に漂っています。不思議なことに、相当大きな糸くず様のごみが浮遊しているのに、目にゴミが入っている違和感が全く感じられないのでした。どうしたのか、いつこんなごみが目に入ったのか・・・・・・そのうちに他ごとをしていると目のごみのことは忘れていました。
その日は鶏当番で、鶏舎にて通常業務をしていると・・・・・・また、右目に糸様のごみが浮遊してきました。痛くもかゆくも何ともありません。ただ 浮遊する糸くず様のごみが気にかかって仕方ありません。頭の中は、右目にゴミが入ってしまっているという考えしかありませんでした。お昼をとるために家に戻り、早々右目の洗浄を何度も試しました。水道の蛇口をひねり、流水の中に顔を突っ込んで、右目に直接流水が流れるようにあてがいながら、眼を開いたり閉じたり・・・・・・・今まで目にゴミが入った時にはこういうやり方で対処できていて、まったく問題なくやってこられたのでした。そして今回もこれで十分処置できるものと達観していたのでした。
しかし、今回は違いました。ごみが全く取れないのです。これが飛蚊症ってやつかと一瞬思いましたが、糸様のごみが1本で それがふわふわ動き回るのでこれは目に入ったごみであるとの思いが強く、ごみが取れない状況であるんだと思い込んでいました。そして・・・・・・ごみが取れなければ眼科に行くしかないという思いで、眼科医院に行ってきました。
結果は明白でした。老化です。老化による目の奥の硝子体がちじんで・・・・・・・・飛蚊症です。で、治療法は・・・・・症状とうまくこれからお付き合いしていくことだそうです。そのうち脳が、糸様の浮遊物を感知しないような対応をとってくれるようになることを期待することのようです。
歳をとりました。
そして今は、26日朝 の段階では 私の脳は私の思うようには働いてくれていないようです。

月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
今日の出来事 be-san no mado/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる